あれから3年・・・ロボットが切り開く未来

あの大地震、‘その日以後’ 3年が流れた。 世界に衝撃を与えた2011年3月11月日本東京電力福島第1原電事故の最前線. 血なまぐさい場所だった原子炉1・2号機中央制御室はきれいに整理されていた。

しかし当時死闘の跡が完全に消えたのではない。

fuku43971号機原子炉程度界のそばに事故直後東京電力職員が懐中電灯で制御班を照らして鉛筆で少ない冷却水水位記録が残っている。 “16時40分マイナス90㎝、16時50分マイナス120㎝、16時55分マイナス130㎝。”大地震と津波ですべての電源が喪失になった状況で必死に事態収拾を試みた職員の恐れと挫折感が皮膚に届いた。

10日午後1時、海外取材陣を積んだバスが福島第1原電第1・2号機建物の前に止まった。 事故の後国外言論にこの日初めて公開された中央制御室は24時間原子炉の運転を監視する原子力発電所の心臓部だ。 バスの外に出てくると時間当り放射線量が40μSv(マイクロシーベルト),1号機今後50m程近寄るとすぐにその二倍である80μSvに沸き上がった。

大地震当日高さ10mの津波が直撃した中央制御室建物1階は所々破壊された。 建物残骸と事故収拾の時使った黒い色消防ホースをすぎて2階制御室にのぼった。 正面で見る汚れた側が1号機、左側に2号機制御班がある。 一般建物と違い窓が全くない。 底には汚染を防止しようとピンク色ビニールが敷かれている。

3年前午後2時46分. 日本、宮城県で東南東130km、深く24km地点でマグニチュード9.0の大地震が発生した。 午後3時27分頃津波第1派、午後3時37分津波第2派が原子力発電所を強打した。 建物1階と地下にあった非常用ディーゼル発電機とバッテリーを含んですべての電源が浸水して機能を失った。 福島第1原電はすべての電源を喪失した‘ステーション ブラックアウト’状態になった。

fuku4392当時中央制御室には24人が勤めていた。 運転手は自動車バッテリーを集めてきて原子炉程度界などを復旧しようと地団駄を踏んだ。 しかし原子炉の炉心溶融(メルトダウン)を止まることにはならなかった。 3月12日午前2~3時頃中央制御室の放射線量が時間当り1000μSvまで沸き上がったし、結局午後3時36分1号機で水素爆発が起きた。 この衝撃で中央制御室天井パネルが落ちたし、結局、事故五日の後すべての運転手が中央制御室で待避することになる。

東京電力側はこの日しばらく照明を全部消して‘ステーション ブラックアウト’状況を国外取材陣に再現した。 窓がなくて漆黒のような闇が取材陣を襲撃した。 現在こちらの放射線量は時間当り4.1~4.3μSvで観察される。

事故の後3年が過ぎたが閉路と汚染水処理など事故収拾の道は遠いだけだ。 東京電力は“1~3号機は炉心溶融が起きて人が入ることができなくて、ロボットやカメラを利用して状況を把握している”と明らかにした。

閉路には30~40年ほど時間がかかるだろうと予測するだけ如何に多いお金と時間がかかるが計り難い。 汚染水貯蔵タンク側の事情も同じだ。 オノ・アキラ福島第1原電所長は“放射能汚染水は概略30万t程度だ。

fuku4393汚染水でトリチウム(3重水素)を除いた放射性物質を除去する多核従弟巨匠分(ALPS・アルプス)は試運転中”と話した。 増える汚染水を耐えられるのが難しくなった東京電力はアルプスを経た汚染水を海に放流する計画を検討している。 デール クレーである原子力改革監視委員会委員長は“大量の汚染水を原子力発電所タンクにそのまま閉じ込めておくのは持続可能でない。 汚染水を浄化した後海に放流するのが数千tの汚染水を含まれることよりより良いと私は信じる”と話した。

 

3年が過ぎたが巨大でぞっとする核事故の前で、人間は相変らず対応できない。

(参考:弁護士法人アヴァンセゆとりピックアップ管理人 相続や債務整理、離婚問題に強い弁護士事務所)

2014年4月5日

このページの先頭へ